退職理由の伝え方

退職理由の伝え方

新しく働きたい企業に採用されるために履歴書を送付したり面接を受けていくことになります。

その中で面接でよく聞かれる質問があります。それが「退職理由」です。

どうして短期間で前の会社を辞めることになったのかを聞いてくるかと思います。その真意は企業によって様々なのです。

面接の中で企業の人事担当者は面接を受ける第二新卒者に対して疑問を抱いています。それは、「どうせウチの会社に来ても、すぐに辞めるのではないか」、「仕事を今いる社員と協力して長くやってくれるのだろうか」などです。

また、将来企業にとって有益な人材かどうかも不安があるのです。ここでの退職理由は面接受験者がいかにして企業と付き合ってきたかを答えさせられるのです。

そして、自分たちの会社でも同じ考えを持っているのかを判断していくのです。

したがって、面接での「退職理由」は非常に考えて答えていかないと、そこで不採用となってしまうのです。

とりわけ企業が退職理由で見ていくのが、「退職に至るまで」です。上司とそりが合わなくて辞めたとか、会社の給料が安くてやめたというのは正直言ってここへきても同じことと採用者は判断してくるでしょう。

そういった人は仮に採用してもすぐに辞めていってしまうと判断します。つまり、不採用です。

もしくは、「キャリアアップができなかった」「スキルアップをここでしたい」という綺麗事を並べたとします。しかし、それも人事担当者は見透かします。

考えることは「前の会社でもできること」です。

しかも、「前の会社でビジネスをしていったらスキルアップやキャリアアップになる」とか「部署異動すれば事足りたのでは」と判断することもあります。つまり、これも不採用です。

また、前の会社を退職してからの期間をアルバイトで生計を立てているという人も多いと思います。

これは決してダメなことではありません。
特にまだ若い世代であれば、短期間で仕事を辞めて次の仕事が決まるまでの生活費を稼ぐためにアルバイトで食いつなぐのは普通のことです。

アルバイトで生計を立てていることと、完全なフリーターになっていることとは全くの別物です。もし、フリーターとして1,2年がんばっていたとしてもそれもそれほど気にすることではありません。今の時代、フリーターは増加傾向にあり、かなり一般的になってきています。

参考サイト:フリーターについて考えるサイト

どうすれば企業に退職理由が明確で効果的な回答を出せるのでしょうか。

それは、物おじせず解決しようとした既成事実を話し、それでも解決ができずに会社を辞めることになったということを伝えるのです。

どうしても異動などで解決できず、自分の仕事ができないとわかった後にこの会社で自分の仕事を活かし貢献することを伝えれば効果的に採用側にも伝わっていくでしょう。