第二新卒の転職動機とは

第二新卒の転職動機とは

求人情報誌などを見ていると、第二新卒歓迎、と言う文字をよく見かけます。

最近ニュースでも時折取り上げられるこの第二新卒とは、具体的にどういったものなのかを考えたいと思います。

高校や大学などの学校を卒業して、企業に就職した人でおおよそ2~3年以内の人を第二新卒と言うそうです。

新卒の人と比べて、社会人としてのスキルが身についている、若いので吸収力があり、新たに就職した先の企業の雰囲気に馴染みやすい、といった事から求人募集を出す時に第二新卒歓迎、といった条件を提示する企業が多いそうです。

そういった人々専門の求人サイトもあり、社会が求める力の強さを感じます。

では、第二新卒の方々の転職動機とはどういったものがあるのでしょうか。まず、新卒で就職したものの、自分が思い描いていたような会社ではなかった、と言う理由が挙げられます。

現在は就職氷河期と揶揄されるほど、大学、高校卒業予定者の就職内定率が低くなっています。

どんなに有名な大学を卒業しようとも、就職先がなかなか見つからない、といった現状があります。

そんな雰囲気の中、慌てて就職先を決めてしまった為に、就職してからどうしてこの会社に入ってしまったのか、と悩んでしまう若い方も多いでしょう。

特に男性は、結婚して妻や子供を養って行かなければなりませんので、自分の納得出来ない職場でずっと働くという事は、大変な苦痛を伴うだろうと思われます。

もちろん女性も、結婚してからも仕事を続ける方が増えていますし、また結婚せずにずっと仕事をしていく方もいらっしゃいます。

女性にとっても、自分の納得の行かない職場で働き続けるのは大変な事です。

そこで、一旦新卒で就職した会社を辞めて、新たに第二新卒として就職先を探す方が増えているのだと思います。

前述しましたが、こういった転職希望の第二新卒の方々の転職を応援するサイトや団体も増えています。中には、登録無料で転職支援サービスが受けられるサイトもあります。

こういったサイトを有効活用して、転職に役立てる、と言うのもいい方法かもしれません。